大塚建築などの業者で理想の注文住宅【快適SUMAI】

費用を気にする

注文住宅はこだわりが多いほどに費用も増えていくものですが、その内訳はわかりやすいものです。まず最初に設計費が必要となり、建設における資材費用と設備の費用、そして建築に関わる工事費用などとなります。設計の段階である程度の見積りが出るので、あとは工事を行う中で変更などが生じれば、その都度修正することになります。 最近では、この費用を分かりやすく坪単価幾らという形で提示することができる注文住宅の家が普及しています。いわゆる相場価格というものが形成されるようになっているのです。大手のハウスメーカーなどが、その資材調達における優位性を活かすことにより、単価を下げて見積りを提案できるようになってきたわけです。

注文住宅の価格は現在、下落傾向にあります。ハウスメーカーなどが手掛けるローコスト住宅に触発されて低価格化が進み、資材調達費の削減や施工における効率化を図ることで対応しています。これまでの工務店や設計事務所におけるオーダーメイドの設計に関しても、極力安い資材を使用する傾向が見られます。これは建て売り分譲住宅においても、自由設計という形で間取りや内装の雰囲気を選択できるようになったことを受けてのものです。 手頃な価格で購入できる分譲住宅に対して価格の面でも魅力を打ち出す必要が出てきているというわけです。むしろ注文住宅の強みである、全てにおいて自由に選べる利点を活かして、徹底したコストカットの家を建てる傾向が見られるというわけです。